キャミソールなんて夢のまた夢?

脇黒ずみ治す方法比較ナビ > 脇の黒ずみについて > キャミソールなんて夢のまた夢?

キャミソールなんて夢のまた夢?

悩んでいる人多し!脇の黒ずみ、その原因とは

脇の下が黒ずんでしまって、夏場に水着やキャミソールはおろか、半そでさえも着るのをためらってしまったという苦い経験を持つ人は多いのではないでしょうか。これからの季節は服でごまかせると言っても、何もせずにそのまま放置してしまえばいつまでも同じ思いをすることになります。ではまず、脇が黒ずんでしまう原因を見て行ってみましょう。

脇の黒ずみの原因はいろいろありますが、代表的なものは2つです。
まずひとつはメラニン色素の沈着です。脇の下は普段の衣服が擦れたり、また剃刀やピンセットによるムダ毛処理で常に刺激を受けやすい場所です。肌は刺激を受けるとその刺激から肌を守ろうとして、皮膚は厚く硬くなっていってしまいます。すると、肌を守るためにメラノサイトという色素を肌が出してしまい色素沈着が起こります。こうしてメラニン色素がどんどん沈着していってしまうために脇が黒ずんでいってしまうのです。黒ずみを落とそうとお風呂で一生懸命擦っている人もいるかもしれませんが、そういった刺激も一層黒ずみを助長しているのです。
もうひとつは皮脂や古い角質が詰まってしまうことです。脇は日常において汗や汚れなどがたまりやすい場所です。そのまま汚れを放置してしまうと古くなった皮脂や角質が毛穴に詰まってしまい、黒ずみになりやすくなります。

まるで鳥肌!ワキ毛処理後のブツブツ

ちゃんとムダ毛は抜いたのに… ワキ毛処理後の黒いブツブツ

ワキ毛を剃刀で剃ったりピンセットで抜いたりしてちゃんと処理しても、まだ黒くおまけに鳥肌のようにブツブツとなっているという人は多いと思います。こういった症状は、黒く太い毛の女性に多いようです。ではなぜ黒いブツブツはできてしまうのでしょうか。その原因は主にワキ毛処理時の肌トラブルと埋没毛にあるようです。
まずワキ毛処理時のトラブルについてです。たとえばピンセットでワキ毛を抜いている場合、抜くときに毛穴が引っ張られてしまいます。そうすると毛穴の周りの皮膚が緊張して立ってしまい、ブツブツになるようです。また、剃刀でムダ毛を剃っている場合、実は毛と一緒に多少なりとも皮膚を剃ってしまいがちなのです。その刺激を繰り返すことで、脇の皮膚は硬くなり、メラニン色素が定着してしまい黒いブツブツになってしまうのです。
もう一つの原因が埋没毛です。埋没毛とは、毛を抜いたり剃ったりしたあと、皮膚や毛穴の出口を傷つけるなど何らかの原因で毛が皮膚内で成長してしまったことです。毛が皮膚内で成長すると、皮膚が盛り上がりブツブツになってしまうのです。主に抜く処理でなることが多いようです。ワキ毛の自己処理には十分注意しましょう。