ぶつぶつ脇になってしまった原因とは?

脇黒ずみ治す方法比較ナビ > 脇の黒ずみの解消法 > ぶつぶつ脇になってしまった原因とは?

ぶつぶつ脇になってしまった原因とは?

綺麗にした筈なのに、ふと見てみたら黒ずみが…愕然とした女性も少なくはないでしょう。そもそも何故、脇の黒ずみは起こるのでしょうか。

黒ずみの原因、その1

脇の肌は全身の中でも敏感で、摩擦されると「この刺激から守らないと!」と過剰な防衛システムし、メラニン色素を発生させます。メラニン色素は肌を守ってくれる頼もしい存在ですが、同時に肌の色を黒くしてしまう困りもの。蒸れないようにしたり、過度な脱毛を避けるなど、脇への刺激は最低限に抑えましょう。

その2

こまめに制汗剤を付け直したり、パウダー等をつけすぎていたりしませんか?よかれと思っていたその行動が、実は黒ずみの原因となっているのです。制汗剤などは毛穴の奥に詰まりやすく、ただシャワーしただけでは落ちない汚れは、結果として目に見える黒ずみとなってしまうのです。一日に付ける量を気をつけて、夜にお風呂でしっかりと洗い流しましょう。

その3

食事で摂るものは、最も肌に影響されます。寝不足だったり食生活がアンバランスだったり…必要な休息や栄養素が摂れていないと肌は弱り、くすみやシミと共に黒ずみとして現れます。毎食気にかけていられない!という人は、お昼にサラダをプラスするなど、一日一度の摂取から変えてみましょう。その際は、肌のターンオーバーを助けるビタミンC、Eを取り入れる事がベストです。

ぶつぶつ脇になってしまったら

寒い訳ではないのに、脇の毛穴が鳥肌みたいにぶつぶつ…!それはムダ毛処理が原因かもしれません。間違った方法でお手入れしていないか、今一度見直してみませんか?

ムダ毛処理は厳禁!

毛穴自体が膨らんでいたり、毛が埋没していたり…ブツブツタイプは様々にありますが、どの場合でもムダ毛処理は行わないことが大切です。特にカミソリや除毛クリームは使わない事。ムダ毛と一緒に皮膚も削ってしまい、傷になります。ブツブツが収まるまではムダ毛処理を控え、肌を休ませてあげましょう。

マッサージで角質ケア

ぶつぶつ毛穴を触ると、いつもの皮膚よりも硬い感触になっているのが分かります。このままだと元の柔らか肌に戻るには時間が掛かるので、マッサージで修復を手助けしてあげましょう。薬局やネットでは、専用のジェルを購入することが出来ます。スクラブが入ったタイプもありますが、敏感になっている脇には負担が掛かる為、なるべく低刺激のものを選びましょう。
ただし、毛が皮膚の下に埋まって出て来ない埋没毛の場合は、ソフトスクラブがおすすめです。マッサージは週に1回の目安に行い、しっかり洗い流した後は化粧水や乳液で保湿しましょう。

しかし、ぶつぶつは一度出来てしまうと、治ってもすぐに再発してしまう事が多いようです。その場合は一人で悩まず、皮膚科もしくは美容外科に相談しましょう。