脇の黒ずみを美容皮膚科で解消する

脇黒ずみ治す方法比較ナビ > 脇の黒ずみの解消法 > 脇の黒ずみを美容皮膚科で解消する

脇の黒ずみを美容皮膚科で解消する

脇の黒ずみを解消するために、美容皮膚科に通うのがおすすめです。
美容皮膚科ではハイドロキノンとトレチノインの2つの薬を組み合わせることで、効率良く脇を美白します。

ムダ毛処理や乾燥でカサカサになっている黒ずみに適しており、色素沈着を改善します。
ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれるほど美白効果が高く、メラニン色素の生成を抑制します。

症状に合わせて濃度を調整しますが、一般的に5%~10%のものが処方されています。
トレチノインは古い角質を剥がすので、色素沈着で黒ずんだ肌が剥がれて綺麗な肌が表面に出ます。
これらは刺激が強く酸化しやすい薬なので、医師の指示に従って使用しなければなりません。

治療期間は3ヶ月~1年ほどですが、2週間に1回は経過を観察します。
短期間で黒ずみを解消したい人には、レーザー治療があります。
専用のレーザーを脇に当てると肌には作用しないで、メラニン色素だけを破壊します。

軽度から重度まで治療でき、肌にもあまり負担がかかりません。
輪ゴムで軽くはじかれた程度の痛みがあり、範囲が狭いため10分~20分で終わります。
1週間~2週間に1回の頻度で治療を受けますが、早い人だと5回の治療で美白になります。

治療後は肌が赤くなったりヒリヒリしたりすることがありますが、数日間で改善します。
肌は非常にダメージを受けやすい状態なので、通院の時や日常生活では紫外線の影響を受けないように保湿や日焼け止めを塗ります。