皮膚科で脇黒ずみの薬とレーザー治療!そしてプラスアルファ

脇黒ずみ治す方法比較ナビ > 脇の黒ずみの解消法 > 皮膚科で脇黒ずみの薬とレーザー治療!そしてプラスアルファ

皮膚科で脇黒ずみの薬とレーザー治療!そしてプラスアルファ

皮膚科で受けられる脇黒ずみのレーザー治療について見てみましょう。
レーザーと言えば、医療レーザー脱毛がありますが、脇黒ずみの解消に使うのとは別の機械です。

・ルビーレーザー
ひどい脇黒ずみの時、角質層の色素沈着の原因としているメラニン色素を破壊蒸散させます。
1回の照射時間が1000分の1ですから、肌負担は少ないでする
両脇で10分程度です。

・カーボンレーザー
毛穴つまりを解消とすることが得意です。
毛穴に皮脂が詰まっていて黒ずみがあるなどの場合に有効です。

・ジェネシスレーザー
古い角質を剥がすことを目的としたもので、コラーゲンやエラスチンを増やすことができます。

・ボディレーザートーニング
最新鋭のレーザーです。
痛みもなく、強いレーザーを用いないことから、最小限の刺激で確かな効果を得ることができます。
濃い色素沈着には、強いレーザーを必要としていましたが、ボディレーザートーニングの登場により、脇黒ずみの頑固な物も解決できるようになりました。

ノースリーブを着たい、制汗剤のCMのように爽やかなワキになりたい方にとっては、脇黒ずみはとんでもないことです。
そして、レーザー治療と一口に言っても様々なレーザーがあります。

美白クリームなどを使ったり、薬なども有効ですが、是非皮膚科で、それぞれレーザーの説明なども受けてください。
肌に合えば、皮膚科で行うことができるレーザーがベストな方法です。

その後気をつけることとして、
・カミソリ脱毛はしないこと
・医師のアドバイスは必ず守ること
・ムダな毛の処理は正しく行う(医師が言うこと)こと
などです。

レーザーで脇黒ずみをとることはできますが、その効果は永遠ではありません。
その際に、脇黒ずみクリームを使ったりするのも良いですが、脇黒ずみを作らないことが大切です。

脱毛には脱毛器を使う、エステに行く、レーザー脱毛をするのが、ベストといえます。
レーザー脱毛済みの場合、脇黒ずみに悩まされることはないでしょう。

「脇黒ずみの治療に行ったところ、自分にワキガがあることが分かりました。そして、医療レーザー脱毛も勧められました。
その時に、脇黒ずみとワキ毛、ワキガを全てレーザーで解決ができました」
なんていうこともあります。

一度に大変なことかな?と思いますよね。
「一度に解決ができ、その後何年もこれらのことで悩むことがなくなった」
「ワキのトラブルが全て解決する」
と聞けば、皮膚科でのレーザー使用で、快適ワキライフを演出するようですね。